2020-06

土特

WS-16 大問二

 三浦綾子「この重きバトンを」からの出題。攻玉社で出たことがありますが古いですね。 雨はあした晴れるだろう (角川文庫) 問一 漢字なので省略。 問二 目と鼻の先=ほんの近く、わずかな距離。「私」と「あな...
土特

WS-16 大問一

 伊藤亜紗「目の見えない人は世界をどう見ているのか」からの出題。巣鴨の過去問でしょう。同文章が洗足、甲陽、ラ・サール、愛光などでも出ています。。 目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書) 問一 線...
国語A

62A-16 今週の知の冒険

 今月の知の冒険は詩・短歌・俳句です。今週は詩(自由詩)に焦点を当てます。デイリーチェックの範囲には短歌が含まれてしまいますが、両方書くと長い記事になってしまいますので… まず吉野弘、茨木のり子は、中学入試によく出る印象があります...
土特

WS-15 大問二

 帚木蓬生「ネガティブ・ケイパビリティ」からの出題です。海城で出題。豊島岡高校、北大教育学部、聖マリアンナ医科大学推薦入試でも出ています。要するに高校生・大学生向けと思われます。もうこの時点で難しいですね。 ネガティブ・ケイ...
土特

WS-15 大問一

 河合隼雄「泣き虫ハァちゃん」からの出題です。桐朋がベースの問題でしょうか。桜美林、横浜共立、西大和、かえつ有明、成城学園中でも別場面の出題あります。ただ十年くらい前ですね。古い! 泣き虫ハァちゃん (新潮文庫) ...
国語A

62A-15 今週の知の冒険

 今週は手紙文です。うーん、そんなに出題されない印象。雙葉とか? 大問十 ①a 「くる」の謙譲語「まいる」  b 「聞く」の謙譲語「うかがう」  c 「もらう」の謙譲語「いただく」  d 「いる」の謙譲語「おる」  e 「いる」の尊...
国語A

62A-15 解法メソッド

 今週から通常通りの授業が再開しますが、娘は耐えられるでしょうか…しばらく4~5時間連続で勉強する環境から離れているので居眠りなどしないか心配です。 来週はマンスリーテストですし、この結果で夏期講習のコースが決まる訳です。週3の通塾ではな...
土特

WS-14 大問二

 転校生ものですね。転校も身近な割に実際に体験する子は一部なので、想像力や読書経験を試すのに良い題材と言えます。サピックスのA教材にもどこかで出会うような?  椰月美智子「しずかな日々」からの出題です。古いですが頻出です。鎌倉学園で...
土特

WS-14 大問一

 サピックスも明日の土特で分散登校による授業は最後で、来週からは通常通りに戻るようです。東京は感染者も増えていて不安は尽きません。娘にはフェイスシールドを持たせてはいますが、周りにしている子が一人もいないということで鞄にしまったままだそう...
国語A

62A-14 今週の知の冒険

 今週分も先週分と同じく、解き方に変わりはありません。 大問七 ①丁寧語にするだけ。 ②主語が「校長先生が」なので尊敬語にします。模範解答にはありませんが、「言われた」はギリギリ○でしょうか。 ③目上の人に話しかけているので、「父」...
タイトルとURLをコピーしました