Ritaro

土特

WS-18 大問二

 長薗安浩「あたらしい図鑑」からの出題。海城ベースでしょうか。同文章の前書き部分が桜蔭でも出題されています。 問一 前後の文脈で判断。ア 息を継ぐ=息継ぎ/息を吸いこむこと。イ 息を飲む=驚いたりして息を止めること。緊張しながら、じ...
土特

WS-18 大問一

 小学校が夏休みを短縮するということで、学校+塾という生活が確定したためか、夏休み直前での家庭教師依頼が増加する今日このごろです。サピックス5年生の夏期講習はもう始まるそうで、大変だなあと思う次第です。  相変わらず遅れを取り戻せて...
国語A

62A-18 今週の知の冒険

 俳句です。短歌よりは小学生にもとっときやすい印象です。有名なものなら出会ったことがあったりしますし。ただこちらも教養として知っておくには少々レベルが高いような…前回と同じく灘中志望者の方はやっておきましょう。 首都圏では開成は坪内稔典の...
国語A

62A-18 解法メソッド

 一学期の授業も残すところあと僅かですね。休講が長かったこともあり「いつの間にか」といった感じです。夏期講習期間のスケジュールは学校もあり、テキストの復習もあり、有名中もありで大変そうです。 幸いというべきなのか、国語の有名中がかなり軽そ...
土特

WS-17 大問一

 遅れていた分を一気に巻き返す感じで投稿しています(笑)。原稿は出来ていて、更新する時間がなかっただけなのですが…面談などもあり、そろそろSSの希望コースも決定しなくてはなりません。娘よ、お前は算数は要らないんじゃないか?  山田詠...
土特

WS-17 大問二

 一週間分遅れていますが、夏期講習が始まる前に追いつきたいですねえ。なお夏期講習のテキストは1/3くらい記事に挙げるか、軽めの記事で全テキストを網羅するか迷っています。毎日3本の読解は流石にキツイので… 夏期志に関しては昨年教材が新しくな...
国語A

62A-17 解法メソッド

 今週の解法メソッドは毛利衛「日本人のための科学論」からの出題。江戸川学園取手と一部重複していますが問題は異なります。同文章の別の箇所は桐光学園、巣鴨でも出題されています。 日本人のための科学論 (PHPサイエンス・ワールド...
国語A

62A-17 今週の知の冒険

 新型コロナ感染者が増加中ですね。怖いなあ。同じ区内でも休校になっている小学校もあるそうで、安心できません。私に出来るのは不要不急の外出を避けることくらいな訳ですが。 マスクの価格はかなり平年並みに近づいて来ました。先日見かけたのは88...
土特

WS-16 大問二

 三浦綾子「この重きバトンを」からの出題。攻玉社で出たことがありますが古いですね。 雨はあした晴れるだろう (角川文庫) 問一 漢字なので省略。 問二 目と鼻の先=ほんの近く、わずかな距離。「私」と「あな...
土特

WS-16 大問一

 伊藤亜紗「目の見えない人は世界をどう見ているのか」からの出題。巣鴨の過去問でしょう。同文章が洗足、甲陽、ラ・サール、愛光などでも出ています。。 目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書) 問一 線...
タイトルとURLをコピーしました