62A-11 今週の知の冒険

 今月の知の冒険は敬語です。文法同様なんとなく出来るで十分かなと思う分野です。開成、雙葉、灘、西大和などでは結構難しい問題も出ています。逆に女子学院では「来る」の尊敬語を書かせるという易問が出ています。どこまでやるかは志望校、時間、体力、集中力と相談ですね。
 敬語で大事なポイントの一つは暗記です。元も子もないように思えますが、先程の「来る」の尊敬語「いらっしゃる」などは単純な知識なので知らなければ手が出ません。そういう意味で尊敬語・謙譲語の特殊用法は単純な暗記事項として頭に入れるしかないと思います。どの程度頭に入れるかの指標として、
 ①今週のテキスト大問一の表が埋められる程度。
 ②P18の表が埋められる程度。
というのが考えられます。もちろん受験上これを超える部分もあるかと思いますが、通常はここまで知っておけば大丈夫でしょう。

大問一 上述のように暗記対象なので省略。ただし暗記するにもこのような無味乾燥な表でやるよりは、例文を使った問題で覚える方が効果的かと思います。

大問二 敬語についての説明を完成させる問題です。特に難しい箇所はありませんが、これを使っても敬語のもう一つのポイント。子供は(大人も?)尊敬語、謙譲語の区別が苦手です。ゆえに入試問題でもそこを問います。
 この手の問題への対処法は、上述の特殊用法を暗記しておき、どちらが使われているかでもって判断する方法が一般的です。ただこの方法は暗記量を増やすことになるので疲れます(笑)
 ではもう一つの方法。こちらが二つ目のポイントです。主語を見ましょう。主語が相手側なら尊敬語、相手側なら謙譲語になります。これを説明しているのがこの大問二の文章です。
 (普通)(先生は)夏休みにどこに行くのか?→(尊敬語)(先生は)夏休みはどこにいらっしゃいますか?
 (普通)ぼくは京都に行く。→(謙譲語)僕は京都に参ります。

 今週からは国語、理科のzoom授業も始まるようです。人数が多いことや補講扱いであることなど、うーん?と思うところもありますが、娘が楽しそうなので良しとします。来月からは通塾出来るようになるのでしょうか?

国語A
シェアする
Ritaroをフォローする
娘がSAPIXに通い出したので、プロ家庭教師のお父さんが国語の勉強法を考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました