62A-14 解法メソッド

 文章テーマが「恋愛」です。思春期の淡い恋心。駒東では頻出です。村山由佳が好きな先生がいるようですからね。解法メソッドの文章は吉野万理子「時速47メートルの疾走」で海城(2015①)の過去問。この年は第一回、第二回ともに恋バナという(一部の受験生にとっては)悲劇の年でした(笑)。同文章は日大二中や広尾でも出題アリ。同作者の「ロバのサイン会」は麻布で出題されています。


時速47メートルの疾走

 問題の方は比較的簡単ですね。ただ長文なので読むのに時間がかかります。娘は授業中15分で解かされたとのことで、時間が足りなかったとブーブー言っていました(笑)。それはね、君のスピードが足りないのだよ。

問一 比喩の理解。線部延長すると「学校の中のあらゆるところに、恥を生み出す地雷は落ちていて、僕はそれを踏まないように必死だった。」となります。線部①内の指示語「それ」の指示内容は「地雷」。
 「恥」、「地雷」をキーワードに読み進めましょう。比喩表現なので、「地雷」、「踏む」、「爆発して大怪我をする」を「僕」の学校生活に当てはめて考えれば、「爆発して大怪我」は恥をかくことだと分かります。「地雷」はその原因に当たるので、注目を浴びるような行動。手がかりはL6~8で十分ですが、分かりにくければP3L7~9もよみましょう。「ともかく目立たないようにすること。地雷を回避する一番確実な方法はそれだった。」も参考になります。

問二 線部延長するとP3L19「小学校低学年のころ~『なんだよー』と言いながらも、なぜか笑みが浮かんでしまう、不思議なあの感覚。」となります。「あの感覚」という表現はP3L19にもあり、つながっています。「やきもきしている」のだからマイナスの気持ちを持ちながら、見つかると「笑みが浮かんでしまう」のだから最終的な気持ちプラス側。

問三 比喩の理解。線部③内の「ケンカで劣勢の猫のように」という比喩や、「背中が丸まっていた」という様子、さらにセリフもL13「小声で抵抗」していることに注目。これらの表現に適合する選択肢を選びます。消去法を併用しても良いでしょう。

問四 P5L17~P6L5を読んで対比を取ります。「僕」の内心を整理すると以下。
<気持ち>
 線部④「ドキッとした」
<理由>
 線部④「美鈴が『町平』と呼んでくれた」
<理由と対比になる背景>
 L21「クラスのやつらはみんなヒラマチと呼ぶ」
<「僕」と美鈴に関する背景>
 P7L4~14「朝、起きたときはまず美鈴の顔を思い浮かべて~」
 →「僕」は美鈴に好意を抱いている。
 ※<「僕」と美鈴に関する背景>が離れているので見逃さないようにしましょう。ここより前からも「僕」の恋心は読み取れるのでそれを背景の根拠としても良いでしょう。

問五 線部延長すると「考えてみれば、僕の名前は、普段から[ ⑤ ]していたってことだ。」となる。主語は「僕の名前」。本当は「町平」なのにみんなに「ヒラマチ」と呼ばれている。P5L21「逆さ」がヒントになります。「ふだんから」していて、今もしているのは「逆立ち」。

問六 「考え方の違い」が問われているので対比。線部内の指示語「それ」の内容はP6L9「あいつひとりが頑張ってることなんだから」という英子の考え方。よってP4L18「~関係なくない?団長同士で勝手にやってることでしょ。なんで、応援しろとか強制されなきゃなんないわけ」という風につながります。
 この考え方に対して美鈴はP5L11「町平が負けたんじゃなくて、三年四組が負けたんだよ」と言っており、英子の考え方を「違う」と否定しています。

問七 問六と連関。「ようし」というセリフが表す気持ちさえ分かれば瞬殺。
<「ようし」に表れた「僕」の気持ち>
 やる気を出す/意欲がわく
<理由/きっかけ>
 P5L11「町平が負けたんじゃなくて、三年四組が負けたんだよ」
 →美鈴の「負けたことから繋がる逆立ちも、クラス全員のものだ」という発言
 →「僕」はみんなのために逆立ちをする必要があると思うようになる/美鈴の意見に同意する
<背景/「僕」のこれまでの考え方>
 これまで自分一人のものとして逆立ちをしていた

問八 行動と内心が対比になるパターン。
<本心>
 美鈴が見守ってくれているので嬉しい。
<行動/表面上>
 (美鈴に対して)低い声+冷たい態度。
<行動の理由>
 P8L13「美鈴は濡れなかったかなぁ。
 10L14「よくわからないけど、僕がやめない限り、美鈴は濡れた服を乾かせないんだ。風邪を引く。」
 →美鈴の体調を気遣っている

 最初に書いた通り、今回のテーマは「恋愛」です。女子はそれなりに出題があると思います。共学で出すと男女差が点差に繋がりそうですが出ない訳ではありません。男子校は少ないですね。駒東と海城が志望校に入っていなければとりあえず手を抜いても良いかな(笑)。

国語A
シェアする
Ritaroをフォローする
娘がSAPIXに通い出したので、プロ家庭教師のお父さんが国語の勉強法を考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました