62A-17 今週の知の冒険

 新型コロナ感染者が増加中ですね。怖いなあ。同じ区内でも休校になっている小学校もあるそうで、安心できません。私に出来るのは不要不急の外出を避けることくらいな訳ですが。
 マスクの価格はかなり平年並みに近づいて来ました。先日見かけたのは880円/50枚。狂乱は終わったようで良かったです。

 今週の知の冒険は短歌ですね。自由詩、俳句と比べても難易度は高いと思われます。無理せず、適当なところで切り上げましょう(笑)。

大問三
A 霜やけの 小さき手して 蜜柑むく 我が子しのばゆ 風の寒きに
冬の風が吹きすさぶ中、霜やけのした小さな手で、蜜柑の皮をむくいたいけな我が子の身が案じられてくる。

B 街をゆき 子供の傍を 通るとき 蜜柑の香せり/ 冬がまた来る
 [歌人の行動              ] [心情   ]
街を歩いていて、子どもとすれ違ったとき、ほのかにみかんの香りが漂ってきた。また冬がやって来たのだなあ(四句切れ)
cf.俳句では「みかん」は冬の季語→冬に香りがする果物は蜜柑

C はたはたと (きび)の葉鳴れる ふるさとの 軒端なつかし 秋風吹けば
秋風が吹く季節になると、黍の葉が風にはたはたと音を立てて鳴っていた、故郷の軒端が懐かしい。

D みちのくの母のいのちを一目みん一目みんとぞただいそぎける
東北の故郷の母が生きている内に会いたいと思い急いでいるのだ。

E 隣室に書よむ子らの声きけば心に沁みて生きたかりけり/
隣の部屋で本を読む子供たちの声を聞くと、しみじみ心にしみて、もっと生きたいなあと思う。
(愛する子供への心情  句切れなし)

F のど赤き 玄鳥ふたつ 屋梁にゐて /足乳根の母は 死にたまふなり
  5         5            7        計33音→字余り
のどの赤い燕が二羽梁に止まっていて、母はお亡くなりになった。
斎藤茂吉「赤光」は文学史でも学びます。以下に解釈のポイントを記載しますが、中学受験レベルでは不要でしょう。参考程度ということで。
①玄鳥二羽の意味
・のどの赤さが生命を象徴している。
・釈迦が死ぬ時に、動物に見守られたのと重ねている。
②尊敬語(死に給ふ)を使った意味。
・母を尊敬している。感謝している。
③感動の中心
・死にたまふなり。

大問四
A かにかくに渋民村は恋しかり/おもいでの山おもいでの川
とにかく(故郷の)渋民村は恋しいものだ。なぜなら思い出の山、思い出の川があるのだもの。(自分の生まれ育ったところだもの。)
(三句切れ)
「おもいでの山おもいでの川」が対句です。

B 石崖に石崖に 子ども七人 腰かけて 河豚を釣り居り 夕焼け小焼け
海岸の石崖には赤々と夕焼けが輝き、その石崖の上に子供が七人腰をかけて、河豚を釣っている。

C 野は花の 極楽日和 旅日和 馬ほくほくと ゆくすがた見ゆ
野辺には花が咲き乱れて、極楽のようにのどかな日和であり、旅にもよい日和である。その中を人(芭蕉)を乗せた馬が、足取りも軽くほくほくと歩いて行くのが見える。

D 落葉たく火もて焼きたる太き芋/顔汚し食ふわれとわらべと
落葉を焚いてその火で焼いた太い芋。顔を汚しながら自分と子供が食べている。
(親子の楽しそうな様子)
倒置法を使用

E 葛の花踏みしだかれて色あたらし/この山道を行きし人あり
(赤紫色の)葛の花が、踏みにじられて、まだなまなましい色を見せている。こんな奥深い山道を、私のほかにも、すぐ前に通っていった人がいるのだなあ。
(予想もしなかったことに対する驚き)。
「色あたらし」が字余り(6音)

F 願はくは われ春風に 身をなして 憂ある人の 門をとはばや
願うことには、どうか我が身をかろやかな春風と化して、憂いを抱いている人の門べに訪れて、その悲しみの気持ちをまぎらわしてあげたいものだ。

G 萩の上に雀とまりて枝ゆれて花はらはらと石にこぼるる/
雀が一羽やって来て、萩の枝にとまったので細い枝は(しなやかに)揺れて、花びらも(数枚)、(地面の)石の上に、はらはらとこぼれるように散り落ちる。
(句切れなし)→花がはらはらと落ちる
「萩の上に」が字余り(6音)

H 海恋し/潮の遠鳴り数えては少女(おとめ)となりし父母(ちちはは)の家
ああ、ふるさとの海が恋しい。遠くから聞こえてくる波の音を数え数えしては、(夢多い)少女に育っていった、あの懐かしいふるさとの、父母の家よ。
(故郷を懐かしむ思い  初句切れ)

I うすべにに葉はいちはやく萌えいでて咲かんとすなり/山桜花
うす紅色に染まった若葉が早くも芽を出して、今や咲こうとしている山桜の花であることだ。
(四句切れ)
→体言止め 山桜花は春のもの。
倒置法も使用。

 有名なものについては解説を詳しめに載せておきました。ただここに書いてあることを把握しておかないといけないという訳ではないです。灘中受験生なら知っておくと良いかなあ、程度だと思われます。娘は意味がわからないというか、日本語に見えないという感想でした…

国語A
シェアする
Ritaroをフォローする
娘がSAPIXに通い出したので、プロ家庭教師のお父さんが国語の勉強法を考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました